武蔵浦和・中浦和で塾といえば英泉塾

お子様のやる気を引き出す、お母さんの魔法

新小1~新高3対象 3月25日(土)先行割引中!
(春期最終募集)

今、このお知らせをご覧のあなたに特別のご案内です。

ただいまキャンペーン
先行予約の受付中です!

 ※内谷校:新中3Kクラス・Hクラスは満席につき、募集を終了しました。
新中3Sクラスは残り2席です。お急ぎください!

※中浦和校:新中3全クラス座席数が少なくなっております。
新中3Kクラスは残り2席、Hクラスは残り2席
Sクラスは残り4
です。お急ぎください!

※定員に達したクラスも優先予約(キャンセル待ち)を受け付けております。
どうかお早めにご相談ください。

 

■やる気を引き出すお母さんの魔法

このたびは当お知らせをご覧いただき、
まことに有り難うございます。
副塾長の安田卓史です。

今日は『お子さまのやる気を引き出すお母さんの魔法』という
テーマでお話しします。

あなたは、これまでお子さまに、
「勉強を始めても長続きしない」、「家で勉強してくれない」
とイライラしたことはありませんか?

そんな時、つい発してしまうのが、
「勉強しなさい!」、「宿題やったの?!」の
キツイ一言ではないでしょうか?

お母さんにきつく言われて、渋々机に向かうものの、
しばらく経つといつも通り、勉強はそっちのけでスマホに夢中。
お子さまの行動や習慣は根本から改善されることなく、
お母さまのイライラは募るばかりです。

「勉強しなさい!」の言葉で、お子さまの学習姿勢が根本から
改善された、という話を、私は20年以上に及ぶ
教師生活でほとんど聞いたことがありません。

むしろ「勉強しなさい!」と言われ続けていた子どもが、
いっそう勉強を毛嫌いするようになったケースを、
私は何度も見てきています。

そんなこと言ったって、子どもがダラダラしているんだから
仕方ないじゃない!というお母さまの心の叫びが
聞こえてきそうです。

 

今回は、保護者会等で英泉塾生の保護者様によくお話しする、
お子さまのやる気を引き出すコミュニケーション実践術について、
少しだけお話しします。

『過去と他人は変えられない』
という有名な言葉があります。

いくら「勉強しなさい!」と強く言ったところで、
本人が『勉強をする理由』を持てなければ、
「お母さんに怒られるのが嫌だから」という理由で
勉強することになります。
当然勉強に身が入りません。

嫌々勉強されられた挙句、
テストの結果が悪ければまた怒られる。
子どもは無意識のうちに、『勉強=苦痛なもの』という
反応を示すようになります。
勉強嫌いの子どもが誕生する瞬間です。

『子どもの悪いところを指摘して改善させたい』

これはより子どもの良い成長を願う親御さんの愛情からくる
自然な気持ちだと思いますが、下手をすると、お子さまは
悪いところばかり指摘されて、やる気を失ってしまう恐れもあるのです。

相手をコントロールしようとすればするほど、
コントロール不能に陥っていく。
これがコミュニケーションの難しさです。

逆に、『自分と未来』はいかようにも変えられます。
『子どもをどうコントロールするか』という発想を捨て、
『自分はどう子どもと向き合い、接するか』
という発想にチェンジするのです。

子どもを愛情深く見守り、深く洞察し、子どもの変化を見逃さない。
子どもがテストの結果が悪くて落ち込んでいれば、一緒に悩み、
子どもが喜べば一緒になって喜んであげる。
こうすることで、子どもは無意識のうちに、自分は愛されていることを
肌で実感し、自己肯定感を高めていきます。

お母さんの在り方が変わると、自然とコミュニケーションの質も変わってきます。
これまで「なぜ勉強しないの?」と詰問していた自分とは違い、
「〇〇ならきっと出来るわよ」と、言動も前向きになっていきます。

もし、少しでも勉強するお子さまの姿が見られたら、
「今日は30分勉強したね」と、子どもの行動を言葉で
きちんとフィードバックしてください。
これを行動承認といいますが、人は行動を承認されると、
その行動をどんどん強化していくという性質があります。
決してオーバーにほめたたえる必要はありません。

英泉塾教師は多くの研修時間を費やして、
こういったコミュニケーション術を習得し、
日々の指導で実践しています。
当然ご家庭でもぜひお役立ていただきたいので、
英泉塾保護者会で、毎年、塾生のお母さま、お父さまにも
お伝えしています。
ご家庭で、そして職場で、即使える実践術が盛りだくさんです。
続きはどうぞ英泉塾保護者会を楽しみにしていてください。


お子さまの家庭学習に対してお悩みのお母さまに、
最後にひとつだけテクニックをお伝えします。

すごい剣幕で「宿題やったの?!」と、決してお子さまを責めないでください。
笑顔で「今日の宿題は何が出ているの?」と質問してあげてください。
次に、「何時からやるの?」とスタート時間だけ、笑顔で(笑)聞いてあげてください。
ポイントは、何時から何時までと、終了時間を聞かないことです。
最後に、満面の笑顔で「終わったら自由時間だね!早く終われば好きなこと
いっぱいできるね!」と言ってあげてください。

スタート時間だけ子どもに決めさせて、終了時間は決めない。
これがポイントです。
子どもは宿題を終わらせるために、スピードを意識します。
学習スピードは学力に比例しますから、学力向上にもつながりますよ。

また次回のお知らせもお楽しみに!

 

3月25日(土)22:00締め切り迫る!

先行割引のキャンペーン実施中!(新小1~新高3)

 
当塾は完全定員制につき、
中浦和校、内谷校におきましては、クラスによっては締め切り間近となっております。

ご検討中の方は、なるべくお早めにご連絡ください。

※ 定員につき、受付終了となったクラスにつきましては、入塾優先予約も承っております。
  まずはご相談ください。

以下、残席状況です。 
○➡余裕あり
△➡残りわずか
×➡キャンセル待ち(入塾優先予約)

 

土合中・白幡中・田島中・埼大附属中・常盤中・与野南中の方はこちらまで!

中浦和校 ☎048-862-6672

新中3…△:残り8名(一部クラス定員間近。お早めに!)
 中2…△:残り10名(一部クラス定員間近。お早めに!)
 中1…△:残り12名(一部クラス定員間近。お早めに!)
 小6…△:残り7名(一部クラス定員間近。お早めに!)  
 小5…△:残り7名(一部クラス定員間近。お早めに!)
 小4…〇(余裕あり) 
 小3…〇(余裕あり)

 

内谷中・田島中・美笹中・笹目中の方はこちらまで!

内谷校 ☎048-837-5266

新中3…△:残り2名(H・Kクラス満席御礼。Sクラスのみ席がございます)
          ※キャンセル待ち大至急ご相談ください!
 中2…△:残り9名(一部クラス定員間近。お早めに!)
 中1…△:残り8名(一部クラス定員間近。お早めに!)
 小6…△:残り8名(定員間近。お早めに!) 
 小5…△:残り8名(定員間近。お早めに!) 
 小4…〇(余裕あり) 
 小3…〇(余裕あり) 






お申し込み方法
成績を上げることに真剣であり、塾での約束事を守れるかたのみご連絡下さい。もし、お子様の成績が今ひとつ伸びないというのであれば、一人で悩まずご相談ください。今の状況を変えるきっかけとなるかもしれません。(各教室に予約要)

お申込み方法

高等部大学受験対策科 048-829-7565

資料請求・お問い合わせ