武蔵浦和・中浦和で塾といえば英泉塾

スピードリーディング

速聴読むシステムスピードリーディングで、視覚・聴覚の両方から脳に刺激を与え、潜在能力を引き出す

EISENスピードリーディングクラス」で、あなたの…

速聴読システム 受講風景

文章を読むスピードが速くなります!

読書量が自然に増えていきます!

語彙力が確実にアップします!

言葉を聞き取る能力が向上します!

集中力がアップします!

豊かな感性を育みます!

表現力・文章力が養われます!

読書習慣が確立します!

スピードリーディングとは?

最近は、すべての教科の基礎になる「国語」の重要性が見直されてきています。

その「国語力」をつけるには読書が効果的であるということは分かっていても、

子どもたちがなかなか本を読まないという現実があります。

そのため、文章を読みとる力が育たず、自己表現をするための語彙も決定的に不足しています。

スピードリーディング」は、そんな現代の子供たちに、効率的効果的に、楽しく読書してもらうために開発された学習システムです。

「スピードリーディング」を行うことにより、視覚と聴覚の両方から脳に刺激を与え、記憶力や集中力などの潜在能力を引き出すことができます。

受講方法

  1. 学年相当のグレード別に分類された「課題図書」から、自分に適した本を選びます。
  2. 1人1台のパソコンを使用し、「朗読音声」を聴きながら本を読みすすめます。
  3. 「朗読音声」のスピードは、0.5倍~8倍まで、自分にあった速度に変換できます。
  4. スピードリーディングのあと、「まとめ&感想シート」に記入します。

EISENスピードリーディングクラス 受講生たちの声

  • Page 2 of 2
  • <
  • 1
  • 2

自然に読むスピードが速くなってきた!

土合小6年 K.N.さん

初めは速さが2.0倍で速いと思いましたが、だんだんやっているうちに遅く感じるようになり、2.5倍にしたらちょうどよくなったので、
「スピードリーディング」はすごいと思いました。また、作文を書くのは苦手ですが、『まとめと感想シート』をスラスラ書けたのでうれしかったです。


本が好きになって想像力がつきました。

新開小6年 I.Y.くん

「スピードリーディングクラス」に入って、僕は本が好きになりました。いろいろな本と出会えたので、想像力もつきました。
学校で1万ページを読むと賞状がもらえます。僕はこのクラスでの経験を機に、『1万ページがんばろう!』と思いました。


パソコンなしでも速く読めるようになった!

土合小5年 H.H.さん

コンピュータがなくても、本が速く読めるようになった!すすんで本が読めるところも楽しい!


本の内容が心に残っています!

別所小5年 T.A.

私は本を読むのが苦手だったけど、「スピードリーディング」をやって、本を読むのが少しずつ好きになってきました。
4週間で6冊読むことができて、すごくその本の内容が心に残っています。これからも本を読み続けたいです。



受講生たちの感想シート

内容のまとめ&感想シートを、一部ここにご紹介します。

本のタイトル: 王さまめいたんてい

5年生 Nさん

この話は、遊ぶのが好きで、勉強が大きらいな王さまシリーズです。今回は、王さまが名探偵になったり、魔法のフライパンで不思議な料理をつくったり、豆つぶのように小さくなったりする、ハラハラドキドキのストーリーです。ある日いつも大臣にしかられてばかりの王さまは、名探偵になって大きな事件を解決して、大臣にいいところを見せようとしかけますが…、またもや王さまがやらかすわんぱくで笑える話です。

この本を読み、私は少し自分に似ているなと感じました。なぜなら、王さまの楽観的な考え、目立ちたがり、わがままなところが全く同じで私の性格だからです。決して良い性格ではないなと自覚しているのですが、やっぱり直りません。特におっちょこちょいな所もそっくりです。でもそんな王さまでも時にはやさしく、時にはきびしくと、よいところもあるなと思い、そこは真似したいなと思いました。だからこの本は大好きです。

本のタイトル: 少年探偵⑦ 怪人二十面相

5年生 Yさん

東京中の町という町では、二人以上の人が顔を合わせさえすれば、まるでお天気のあいさつでもするようにうわさをしているほど有名な盗賊、「怪人二十面相」。二十の顔を持つと言われる二十面相と、戦うことができるのは、名探偵「明智小五郎」と助手の「小林芳雄」ただ二人。力と力、智恵と智恵で、神変不可思議の海賊と火花を散らす、探偵VS怪賊。勝負の行方は…。

勇気のある名探偵と二十の顔を持つ怪人のくりひろげる大闘争は、スリルがあって、とてもおもしろい。智恵と智恵で勝負するこの戦いは、推理が好きなわたしにはたまらない。ドキドキもし、ハラハラもし、わくわくもしながらいろんな気持ちで読み、頭の中で物事をぐるぐる回しながら読むこの本は、ただ読んでいるだけではなく、自分が明智小五郎にでもなったかのように推理して読んでいる、ということが、読みながらはっきりと分かる。きっと読んだら止まらなくなるはずだ。

 


お申し込み方法
成績を上げることに真剣であり、塾での約束事を守れるかたのみご連絡下さい。もし、お子様の成績が今ひとつ伸びないというのであれば、一人で悩まずご相談ください。今の状況を変えるきっかけとなるかもしれません。(各教室に予約要)

お申込み方法

高等部大学受験対策科 048-829-7565

資料請求・お問い合わせ