武蔵浦和・中浦和で塾といえば英泉塾

生徒たちの喜びの声 EISEN超スパイラル学習で見事合格を勝ち取った、生徒たちの喜びの表情と声をご覧ください。

最後まであきらめないことは大切なんだなと思いました

川口北高校合格
N.Kさん(内谷中)

合格できて本当に良かったです。私は冬期講習まであまり勉強をする気がなく、テストの点数も上がりませんでした。しかし冬期講習からたくさん勉強をしようと、全国の過去問を中心に毎日勉強しました。はじめはあまり良い点数が取れず、いやになったときもあったけれど、勉強を続けました。すると理科と社会のテストの点数がどんどん良くなっていきました。冬期講習が終わってもできるだけ自習をしに塾に行き、テレビを見る時間などを減らし、入試まで勉強しました。このことを通して私は、最後まであきらめないことはとても大切なんだなと思いました。


受験を通して人間として成長することができました

川口北高校合格
S.Oくん(内谷中)

やっとここまできた、と「入学許可候補者」という文字を見て思いました。中1のとき憧れ始めてから中学生の間ずっと意識していた川口北高校。本当に学力が足りるのか、たくさん勉強できるかなどたくさん不安がありました。しかし、そんな怠けてばかりいた自分を英泉塾の先生が自然と勉強に向き合えるようにしてくれました。受験を通して、人間として成長することができました。自分以外の人のことも考えて行動したり、優しく接したりすることができるようになりました。勉強ができるようになることだけが受験ではなく、自分の性格や行動にも大きな変化をもたらすのが本当の受験なのだと、改めて感じました。本気で勉強に向かい合うことの大切さ、試練に立ち向かうことの大切さ。さまざまな「大切」なことをこの受験で学ぶことができました。1年間自分を支えてくれた両親や姉、英泉塾の先生方にしっかり感謝をしたいです。そして一緒に苦楽をともにした英泉の仲間に出会えて本当に良かった!


塾からの宿題をこなしていくと目標に届きました

川口北高校合格
T.Mくん(白幡中)

私は1年生の冬期講習から入り、とてもお世話になりました。本当に感謝しています。学力アップに一番大切なことは高い目標です。私の入塾した際の偏差値が、目標とする高校の偏差値より10以上離れていましたが、塾からの宿題をこなしていくと、目標に届きました。このように高い目標と実行力があれば、目標にたどり着けます。私には公立高校を受けるうえで大きなハンディがありました。それは内申点です。私の内申点は志望校に到底及ばなかったので、高得点を取ることに努めました。だから内申点をとれるうちは取れるだけ取って、もうその時期が過ぎたのであれば、得点をあげることに努めるべきです。


夏期講習などのイベントは全て意味があるものだと思いました

川口北高校合格
H.Tくん(白幡中)

僕はとてつもなく英語が苦手でしたが、その分理科と社会の2教科で巻き返すことができました。特に理科は、1年で偏差値を14上げることができました。特に2学期にやった全国の過去問は、偏差値を上げるのにすごくいいと思います。最初は正直、夏期講習などのイベントは意味がないと思っていましたが、今考えてみると、全て意味があるものだと思いました。だから、そのようなイベントはもっと集中して取り組むべきだと思います。僕の内申は受ける高校の基準に比べて低かったので、その分自習に行ったりして学力を上げることでカバーすることができました。


「受験は団体戦」だということを実感しました

和光国際高校合格
N.Iさん(内谷中)

今日、私は和光国際高校に合格することができました。合格することができて、ほっとしています。自分が行きたいと思った高校に行くことができて良かったです。私は部活が9月まで続いていたので、夏休みは部活に行きながら夏期講習や夏の合宿に行っていました。9月に部活が終わってから、勉強に対するやる気がなくなってしまい、あまり勉強できずにいました。そんなとき、三者面談で柴原先生に、このままだと志望校はあきらめることになる、と言われて、毎日自習に行くようになりました。この頃から始めた全国の過去問が、最初はひどい点数だったけれど、進めていくごとに点数が上がっていき、自分の成長を感じることができました。入試予行練習会で、1時間目の国語が緊張してうまくいかなかったり、昼食後の理科が眠かったりと、うまくいかずに不安になりました。しかし練習会だったので、入試本番で気を付けなければならないこともわかり、練習で良かったと思いました。塾でたくさんの人と一緒に頑張って勉強することで、最後まで頑張ることができました。また、勉強してそれが結果になることがうれしくて、勉強が楽しくなりました。入試が近づくにつれて、毎朝起こして、ご飯を作ってくれる母に感謝するようにもなりました。今回の受験で和光国際高校に合格できたのは、たくさんの人のおかげだと思います。「受験は団体戦」だということを改めて実感しました。これからは、1年間がんばって掴んだ高校生活を楽しみたいです。


支えてくれた人たちのおかげで悔いのない受験ができました

法政大学高校合格
A.Tさん(内谷中)

私は最初、付属校に行こうとは少しも考えていませんでした。母たちに薦められ、高校見学に行くと、この高校に行きたいと強く思いました。吉川先生にたくさん言われたように、私の高校受験は「ひとり旅」でした。塾にも中学校にも付属校を受験する人はおらず、なんとなくさみしい感じでした。でも家の人や先生、周りの友達はずっと私を支えてくれました。つらかった夏期講習や合宿も、みんなが支えてくれたから乗り越えることができたと思います。支えてくれた人たちのおかげで悔いのない受験にすることができました。今思えばとても良い受験になったと思っています。「ひとり旅」だったかもしれないけど、最初に感じていたさみしさはありませんでした。本当に支えてくれた人に感謝しています。でもこれで終わりではなくて、高校生活はこれからです。今まで支えられてきた分、高校生になっても一生懸命頑張り、恩返しをしたいです。私の受験を支えてくださり、本当にありがとうございました。


塾に入って勉強への向き合い方が変わりました

川口市立高校合格
K.Nさん(内谷中)

合格していたことにほっとしています。3年の夏まで部活ばかりしていて、春から入っていた塾も休みがちでした。夏期講習が始まる直前まで部活で周りから遅れをとっていて、夏期講習が始まってすぐの頃は授業の内容が全然わからず、中1、中2の頃にやっていたことも全然覚えておらず、この先大丈夫なのかな、って思っていた時に、川口市立高校を見つけて、この学校を受けることにしました。夏期講習は宿題も多かったし大変だったけど、しっかりとこなせていたので良かったです。3学期に入って、塾を何度かサボることがありました。親にもかなり怒られたし、柴原先生とも話したりしました。ただ、一度も塾をやめようとは思ったことはありませんでした。塾に入ったことで、勉強への向き合い方が変わったし、成長していたのも事実だったからです。だから、もう一度やり直したいと思い、塾にちゃんといって、勉強することを再開させました。入試は自分が今までやってきたことを出し切ることばかりを考えて、緊張はそこまで考えていませんでした。だけど自己採点をしていくうちにどんどんと自信がなくなるばかりでした。けど、最終的に合格することができていたので良かったです。学校の先生や塾の先生にたくさん迷惑をかけたけど、結果で感謝を表すことができたと思います。


続けることの大切さを学びました

大宮北高校合格
K.Hさん(白幡中)

受かると思っていなかったので、受かって良かったです。私は中1、中2のとき、テストの時しか勉強せずに中学校生活を送っていました。だから2年生の2月くらいに、そろそろまずいと思って、英泉塾に3月から入塾しました。内谷校で1人だけ白幡中で、塾に入ったのも遅くて、友達もいなくて気まずいと思っていました。でも全部、塾の先生が支えてくれたので、問題なく勉強ができました。夏期講習では、部活が忙しかったのですが、部活で受けられない分、自習室で勉強させてもらうことができたので、夏期講習前と後で、すごく成績を上げることができました。また、夏期講習が終わって2学期になっても、土日の即アップで気を抜かずに勉強できたので良かったです。面談では、毎回いろいろな相談ができたので良かったです。入試予行練習会で良い結果を出すことができたので、入試本番の自信につながりました。この自信のおかげで、あまり緊張せずに本番のテストを受けることできました。塾での1年間を通して、私は続けることの大切さを学びました。続けることで必ず結果が出ることを知りました。だから私はこの学びを生かして、高校生になっても勉強を続けて、大学受験でも成功できるように頑張りたいと思います。


周りに影響されて頑張ろうという気持ちになりました

浦和南高校合格
Y.Sさん(田島中)

私は中3になってからも、受験生としての自覚が薄く、怠けてばかりだったけれど、入塾をきっかけに、少しずつ周りの受験生の真剣な雰囲気に影響されて、自分も頑張ろうという気持ちになりました。また、自分の苦手な部分を知ることができて、何が必要なのかがわかり、目標に向けて強い意識を持つことができました。後ろ向きな考えをしてしまったり、志望校を決めるときにたくさん迷ったりして、なかなか自分に自信が持てない時期もあったけれど、試験当日までたくさんの友達や先生に応援してもらって、自分の力を信じて受けられたと思います。合格発表の前まであきらめない気持ちが大切だと感じました。このうれしい気持ちを自分の自信に変えて、気を抜くことなく、次の成功へとつなげたいです。


入試当日は何が起こるかわからない、と心の底から思いました

浦和南高校合格
K.Tくん(土合中)

2月28日入試当日、私は友人と道を間違え、反対方向に進んでしまいました。駅1つ分ほど反対に進んでから、道を間違えていたことに気付き、全力で元の道を戻りました。なんとか高校に着いてみると、集合時間ぎりぎりでした。道を間違えていたことに気付くのがあと少しでも遅れていたら、入試に参加することができなかったと思います。そう考えると、かなり運が良かったのだと思います。また、テストでもあまり心配していなかった教科で、あまり良い感じにならなかったので、少し不安になりました。今になって思えば、合格したからこそ良かったけど、入試当日は本当に何があるかわからないのだな、と心の底から思います。入試の日には何があるのかわからないため、しっかり高校の場所、行き方、その他もろもろを確認し、この教科は大丈夫だろう、と甘えた考え方をせずに、全教科しっかり勉強したほうがいいと思います。




お申し込み方法
成績を上げることに真剣であり、塾での約束事を守れるかたのみご連絡下さい。もし、お子様の成績が今ひとつ伸びないというのであれば、一人で悩まずご相談ください。今の状況を変えるきっかけとなるかもしれません。(各教室に予約要)

お申込み方法

高等部大学受験対策科 048-829-7565

資料請求・お問い合わせ