武蔵浦和・中浦和で塾といえば英泉塾

生徒たちの喜びの声 EISEN超スパイラル学習で見事合格を勝ち取った、生徒たちの喜びの表情と声をご覧ください。

英泉の先生や友達の励ましのおかげで、ここまでたどり着けました

市立浦和高校合格
M.Kさん(美笹中)

合格できてうれしいです。安心しました。私が受験勉強を本格的に意識し始めたのは、中3の夏期講習です。周りのみんなは夏にはもう志望校をしぼり始めていたのに、私は全然決まっていなくて、あせってしまい、悩んだこともたくさんありました。しかし、冬期講習や2DAYSを通して自分の実力を確認し、少しずつ自信が出てきて前を向けるようになりました。あきらめそうになったときもあったけど、英泉の先生や友達の励ましのおかげで、ここまでたどり着くことができました。本番では、今までやってきたことを出し切ることができたのでよかったです。英泉塾には本当に感謝しています。私があのとき英泉塾に入っていなかったら、市立に合格することはできなかったと思うし、この達成感を味わうことはできなかったと思います。本当にありがとうございました。


基礎はとても大切です

川越高校合格
K.Kくん(内谷中)

自分の行きたかった高校に合格することができて、本当によかったです。第一志望校に合格したけど、実際のところ、実感がわかず、何も感じません。きっとこの感情は合格できたからこそ、味わえたのだと思います。高校受験を通して、基礎はとても大切だと思いました。毎日の課題は、必ず毎日やるべきです。成績で伸び悩んだら、初心を思い出して、基礎に立ち返るべきです。自分の目標をしっかり見据えて、自分と向き合って勉強に取り組むべきだと思いました。この1年間、長いようでとても短く感じました。英泉塾で今まで勉強できて、とてもよかったです。今まで支えてきてくれた先生方、ありがとうございました。


人生で初めて通った塾が英泉でよかったと思います

川越高校合格
K.Nくん(内谷中)

2学期の自分には、県立川越高校を受けて、合格できるとは想像もできませんでした。まだ川越高校に受かったという実感があまりありません。受験勉強の期間の中で一番困ったことは、どこの高校を受けるかを決めることでした。受験勉強を通して、自分が周囲の人に支えられていることに気付いて、感謝できるようになりました。また、勉強はやればできるということを強く感じました。逆に、サボると一気にできなくなることを知りました。夏期講習のあと、行事に力を入れて、勉強がおろそかになりました。それは大失敗でした。意識するのは大事だと思います。人生で初めて通った塾が英泉でよかったと思います。人生で初めて本気で勉強した仲間が今のクラスのみんなでよかったと本当に思います。出会った先生、友達、仲間たち全員に感謝の気持ちでいっぱいです。最後に、一番近くで支えてくれた家族に感謝です。


夏の合宿で意識を高めることができました

川越女子高校合格
K.Nさん(内谷中)

志望校に合格した今、とても嬉しいです。志望校をどこにするか悩んだ時期もありましたが、川女を目指して勉強してよかったと思っています。特に夏の合宿では、たくさんの先生や友達に出会い、受験に対するやる気を高めることができました。思うような成績が出ないこともありましたが、柴原先生との三者面談でやる気を出し、良い成績をとれるようになりました。土日の即アップでは、家で過ごしていたら絶対に出来なかった量の勉強をすることができたのでとても助かりました。冬期講習ではなかなかボーダーを超えることができずあせることもあったけれど、自分のことを信じて勉強してきてよかったです。最後に英泉塾でクラスの最高の仲間と勉強できてよかった!先生も最後までサポートしてくれてありがとうございました!


塾など誰かに見られているところで勉強しましょう

春日部高校合格
K.Nくん(土合中)

合格するために、今から書く5つのことをがんばりましょう。まず、定期テストをがんばりましょう。定期テストで決まる学年評定は、入試の結果を大きく左右します。2つ目として、間違えた問題はノートに写しましょう。一度分かったつもりでも、分からなかった問題なので、必ず記録しましょう。3つ目は、理社をはじめのうちに克服しましょう。自分は理社はもともとできなかったのですが、部活が終わり、理科は偏差値はかなり上がりました。理社ができれば、他の3教科に集中できます。4つ目は、国語、英語は速読できるようにしましょう。特に英語の入試問題は量が多いので、早く読んで問題に集中しましょう。5つ目は、勉強は自分の部屋でしないようにしましょう。塾など誰かに見られているところで勉強しましょう。これらのことができれば必ず合格します。がんばれ。


本番ではいつも通り問題を解くことができました

春日部高校合格
H.Mくん(内谷中)

まず、第一志望校に合格できて、とてもうれしかったです。最初は塾に行きたくないと思っていましたが、行くにつれて新しく友達ができたり、先生と話すことができるようになり、塾へ行くことが楽しくなりました。自分が特に印象に残っていることは、夏期講習と夏の合宿です。あの夏に頑張れたことで、偏差値が初めて70を超えることができました。夏休み以降も全国の過去問やミラクルロードで、偏差値を維持することができました。入試直前ではテストで思ったような点数を取ることができずに不安になったけれど、本番ではいつも通り問題を解くことができました。改めて、英泉塾に入ってよかったと思いました。


本当にたくさんの人に支えられて手にした合格です

蕨高校合格
A.Mさん(土合中)

まずはっきりと言えるのは、英泉に通うことができてよかったということです。私は中1の冬期講習から塾に通い始めました。はじめは勉強というものが本当に嫌いでした。でも中3になり、夏の合宿で毎日必ず塾に通うことを決めてからは少しずつ塾が好きになり、勉強が好きになりました。テストでの蕨高校の判定があまりよくなくても、私が「頑張る」と言ったら、親も学校の先生も塾の先生方も背中を押してくださいました。とにかく勉強しました。朝5時に起きて勉強、学校から帰ってからはすぐに塾で自習。毎日勉強ばかりしてて、好きなことは全くしない日々だったけど、塾には一緒に頑張れる友達がいたので、くじけずに頑張ることができました。たくさん泣いて、悩んだうえで志望校を決めて、当日自分の実力を出し切ることができたので、何の悔いもありませんでした。本当にたくさんの人に支えられて手にした合格です。ありがとうございました。


ずっと努力できたのは、周りの人の支えがあったからです

蕨高校合格
K.Iくん(内谷中)

合格できてうれしかったです。自己採点をしてからは落ちたと思っていました。今日、実際に受験番号があったとき、とてもうれしく、安心しました。今までをふり返って、夏から冬期講習までは公立の勉強を一日一日がんばりました。その長いようで短かった期間が今の自分をつくったと思いました。合否判定での判定はあまり良くなかったけれど、自分は夏から蕨と決めていたので、このまま頑張ろうと思いました。私立の試験が終わってから理社を集中的にやるようにしました。この努力が合格につながったと思います。これまでずっと努力できたのは、周りの人の支えがあったからだと思うので、合格という形で恩返しができてよかったです。


柴原先生には感謝しかありません

蕨高校合格
A.Sさん(内谷中)

自分の受験番号がのっているのを見たとき、受かった感じが全くしなくて、今でも実感がありません。部活を理由にしてあまり勉強しておらず、結果も全然出ませんでした。結局12月から本気でやり始めました。とにかく帰ったらすぐに塾に行って遅くまで残る、というのが気づいたら日常になっていました。夏の合宿では「とにかく勉強した!」と思っていましたが、正直夏の合宿以降の方が勉強しました。冬期講習では毎日のテストに心をやられ、でも今思えば、あの日々が自分を強くしてくれたんだなと思います。直前まで違う学校が第一志望校でしたが、結果が出ず、柴原先生と泣きながら話をして、蕨に変えることを決断しました。話をして、すぐに「蕨に変えよう」と前向きに思えることができました。柴原先生には感謝しかありません。英泉でよかったと心から思います。また、クラスのみんなにはたくさん力をもらい、いいライバルで「私も頑張ろう」と思えました。本当に感謝しています。


私よりもお母さんの方が喜んでいました

蕨高校合格
M.Hさん(内谷中)

自分の受験番号を見つけたとき、一瞬信じられませんでした。お父さんとお母さんと見に行ったけど、私よりもお母さんの方が喜んでいました。合格した友達を見つけて2人で喜んで、やっと合格した感じが出てきました。本当に合格できてよかったです。最初私は違う学校を第一志望校としていましたが、今思えば、蕨にして正解だったなと思いました。テストの成績は10月くらいまで上がったり下がったりだったけど、それからはどんどん上がっていきました。成績が上がったら、やる気が出てきて、だから勉強もはかどりました。私がここまで頑張ってこれたのは、先生や塾の仲間、家族が自分を支えてくれたからだと思います。柴原先生、吉川先生、いつも「みのりは大丈夫だ」と言ってくれてありがとうございました。森先生、毎週おもしろい授業をしてくれてありがとうございました。今までお世話になった全ての人に感謝したいです。本当に英泉塾に入ってよかったです。




お申し込み方法
成績を上げることに真剣であり、塾での約束事を守れるかたのみご連絡下さい。もし、お子様の成績が今ひとつ伸びないというのであれば、一人で悩まずご相談ください。今の状況を変えるきっかけとなるかもしれません。(各教室に予約要)

お申込み方法

高等部大学受験対策科 048-829-7565

資料請求・お問い合わせ