武蔵浦和・中浦和で塾といえば英泉塾

生徒たちの喜びの声 EISEN超スパイラル学習で見事合格を勝ち取った、生徒たちの喜びの表情と声をご覧ください。

合格した後のことをイメージして、全力で勉強するべきです

浦和西高校合格
K.Iくん(内谷中)

テストはモチベーションで決まると思います。北辰の偏差値が右肩上がりに良くなっていき、モチベーションが上がっているときは、いろいろなテストでうまくいきました。だから、テストの前にモチベーションを上げるために、こんなテスト自分にできないはずがない!と思うと、結果が出ると思います。また、得意なものと苦手なものの勉強時間を考えて、無駄な勉強は絶対にしないほうがいいと思います。合格するととてもうれしいので、合格した後のことをイメージして、全力で勉強するべきです。志望校は、最初のうちは、下げない方がいいと思います。


塾に休まず参加することで、確実にレベルが上がっていったと思います

川口北高校合格
S.Iくん(土合中)

塾に休まず参加することで、確実にレベルが上がっていったと思います。はじめのうちは実感がわかないこともありましたが、継続することで、テストの点数や北辰の偏差値が伴ってきました。それでも、自分の苦手な単元はどうしても出てきてしまうことがありました。そういったときに自分の力になったのが、即アップコースや単科ゼミです。即アップで1年生の単元から順につぶしていくことで、自分の苦手を見つけることができました。教室には先生方がいてくれたので、分からないときは、質問して分かるまで教えてもらいました。理科の計算が全体的にできない、といった場合には単科ゼミを受講して、自分が一気に復習したいところをピンポイントで学びました。自分はできるだけ塾を休まずに、継続して続けることを意識してきました。その結果、北辰テストは最後まで偏差値が伸び続け、入試予想問題も良い点がとれることが増えました。なにより気持ちの面で、自分自身に自信を持つことができました。


毎日塾に来て勉強し、宿題を必ずやってくることを約束しました

川口北高校合格
R.Kくん(笹目中)

中3の2学期の即アップの途中、吉川先生に呼び出され、今までは「絶対受かるよ」と言われていたのに、その時初めて「受からないぞ」と言われました。その後、全国の過去問のファイルを提出するときに、これからは毎日塾に来て勉強し、宿題を必ずやってくることを約束しました。そこから本格的な受験勉強が始まりました。1度宿題を忘れたことがありましたが、今思えばそれがより一層自分の成長の糧となり、結果合格することができました。自分は数学が苦手で、平均点よりも下回ることもありました。冬休み後は数学を徹底して頑張りました。すると、大嫌いだった数学が今では大好きになりました。先入観にとらわれないことが大切だと思います。


長時間勉強することもつらくなくなりました

川口北高校合格
K.Fくん(内谷中)

3年生になってすぐは、受験についてよく考えていませんでした。1学期はあまり勉強しないであっという間に過ぎて、すぐに夏休みに入ってしまいました。夏期講習は初め自分にとって大変でしたが、続けていくうちに慣れていって、長時間勉強することもつらくなくなりました。2学期になって始めた全国の過去問で、社会はどんな問題がよく出るかを覚えて、出やすい問題はよく解けるようになりました。英語も問題を日本語に素早く直せるようにたくさん問題を解きました。そうして、苦手な社会や英語でも点数をとれるようになりました。苦手な教科をよくやっていたときも、得意な教科をやったことが、点数を下げないで、上げていけたことにつながったと思います。柴原先生や吉川先生には怒られたり、話を聞いてもらったりしたので、とても感謝しています。最後に合格出来て本当に良かったです。


先生の言うことは聞いたほうがいいと思います

和光国際高校合格
K.Tくん(内谷中)

自分はバスケ部で、引退したのが6月でした。それから10月くらいまで真剣に勉強に取り組んでいませんでした。11月くらいから、英語の過去問を毎日やり始めて、英語の成績がぐんぐんと上がり始めました。2学期は毎月のように吉川先生に呼び出されました。冬期講習後の合否判定では、五分五分でした。自分はそこから、理科と社会に手をつけました。社会はまず暗記プリントをやって、それから先生からプリントをもらって、やっていました。理科は、自分の苦手なところを見つけて、テキストで復習しました。一つ言いたいことは、絶対に先生の言うことは正しいことなので、聞いた方がいいと思います。


毎日の課題をやり続けたことで、毎日勉強できるようになりました

和光国際高校合格
H.Kさん(内谷中)

最初は本当にここまでできるなんて思っていませんでした。私が思う1番の合格の要因は、放課後塾の自習室で勉強したことです。そのおかげで、毎日の課題である漢字、1A、2A、3A、数学の名人をさぼらずにできて、テストにすごく活かすことができました。また毎日の課題に、自分で社会の暗記プリントや理科のテキストを付け足したことで、毎日5教科しっかり勉強できました。毎日の課題をやり続けたことで、毎日勉強できるようになりました。なので、2月の終わりには、自習室に行かなくても、家で自主的に勉強できました。私が今1番うれしいことが、苦手だった社会で良い点数がとれたことです。本当に、ここまで頑張ってきてよかったと思いました。高校に行っても、手を抜かないで頑張って勉強したいです。


単科ゼミで大きく成績を伸ばせました

浦和南高校合格
M.Sくん(土合中)

自分は、英泉塾の特に単科ゼミで大きく成績を伸ばせたと思います。自分は理科と社会が得意ではありませんでしたが、理科の計算問題講座などの単科ゼミでしっかりと復習することができました。冬期講習のあとの志望校判定で、悪い結果になってしまったこともあったけれども、あきらめずに勉強できたからこそ、合格することができたのだと思います。


夏の合宿が良かったです

浦和南高校合格
Y.Nくん(白幡中)

自分は英泉塾に入って良かった、と思うことが2つあります。1つ目は夏の合宿です。自分は夏の合宿でそれまで苦手意識のあった理科をずっと勉強していて、その後の北辰テストで偏差値が15上がったので、1つの教科に集中して取り組めば、良い結果を残せるということがわかりました。2つ目は埼玉県の過去問です。英語では、文章題が全然解けなかったのに、過去問をやっていくうちに問題がどういうことを聞いているのかわかるようになっていき、英語が楽しく感じられるようになりました。数学では、基礎的な問題が解けるようになって、点数が上がってうれしかったです。国語では、作文で満点をとれるようになって、点数を80点台で安定させることができました。理科と社会では、授業中に行った暗記テストのおかげで、点数を75点以上キープすることができるようになりました。本当にありがとうございました。


自分の受験番号を発見したとき、無意識に涙が出てきました

伊奈学園総合高校合格
N.Uさん(内谷中)

自分の受験番号を発見したとき、無意識に涙が出てきました。まさか涙が出るとは思っていなかったけれど、やっぱり合格というのがはっきりと目の前に現れた途端にうれし涙を流せて、晴れ晴れした気持ちになりました。私は中3になっても部活を引退するまでは、受験というのが全然頭に入ってきませんでした。夏から本格的に勉強を始めましたが、周りの人たちに追いつていけなかったり、北辰テストの成績がなかなか伸びなかったり、と悩んだりして大変な思いや苦しい思いもたくさんしてきました。しかし、志望校を自分の中でしっかり決めてから、モチベーションも上がり、最後まで頑張り抜くことができました。すごくすごくつらい半年だったけれど、今思えば長かったようであっという間の半年で、頑張ってきて良かったなと思います。


夏の合宿では自分の限界に気づくことができました

伊奈学園総合高校合格
M.Hさん(内谷中)

合格できて、ほっとしたし、とてもうれしかったです!私は冬期講習あたりに志望校を変更して、しっかりと自分の志望校が決まった時から、ちゃんと勉強することができました。夏期講習では部活が忙しく、前半はあまりこれなくて、夜の自習室で勉強していました。後半からはみんなと毎日即アップ。10時から5時までこんなにつらかったんだ、と感じていました。夏の合宿では自分の限界に気づくことができました。合宿は、つらかったというより楽しかったという思い出が多いです。合否判定では、たくさん泣きました。でも諦めずにたくさんたくさん勉強しました。合格して、まわりの人たちにたくさんおめでとうを言ってもらってとてもうれしかったです。これからは、その人たちに恩返ししていきたいです。




お申し込み方法
成績を上げることに真剣であり、塾での約束事を守れるかたのみご連絡下さい。もし、お子様の成績が今ひとつ伸びないというのであれば、一人で悩まずご相談ください。今の状況を変えるきっかけとなるかもしれません。(各教室に予約要)

お申込み方法

高等部大学受験対策科 048-829-7565

資料請求・お問い合わせ