武蔵浦和・中浦和で塾といえば英泉塾

生徒たちの喜びの声 EISEN超スパイラル学習で見事合格を勝ち取った、生徒たちの喜びの表情と声をご覧ください。

勝負になるのは、夏期講習からだと思います

蕨高校合格
M.Tさん(内谷中)

私は初め、受験生という自覚があまりありませんでした。でも吉川先生から厳しくも重みのある言葉をいただいて、夏期講習で今までにないくらい死ぬほど勉強して、英語が好きになって、クラスのみんなで勉強するのが楽しくなって、みんなが頑張っているから私もやろうと思えて、そんな全部があったから、今合格できてるんだと思います。受験校を決めるときはかなり悩んで、なんで今こんなに勉強しているんだろうとまで思ったこともありました。柴原先生から合否判定で良い判定を伝えられても、吉川先生から絶対受かると言われても、やっぱり不安でした。入試当日は思ったより緊張して、手も少し震えたけれど、同じ教室に友達がいたからリラックスできたし、自己採点の時も、数学以外今までで一番良い点数をとれました。合格してもまだ実感はわかないけれど、とてもうれしいです。勝負になるのは、夏期講習からだと思います。英語と数学は、毎日の宿題だけでもいいから毎日ふれてください。夏期講習が終わってからは、ワークなどでなるべく5教科毎日やることを決めてください。あとは、最後まで諦めないでください。


毎日続けて勉強することが大切です

蕨高校合格
R.Yくん(土合中)

自分は最初から、志望校を変えませんでした。最初の北辰で良い結果が出て、夏期講習中少し勉強で手を抜いてしまいました。そこから、なかなか成績が上がらず大変でした。だから、全国の過去問をたくさんやりました。いろいろなパターンの問題を練習できて、とても良かったです。毎日続けて勉強することが大切だと思います。やる気がない日も、必ず少しは勉強することを心がけていました。入試本番では、どんな問題でも解ける、という気持ちで臨んだら、うまくいきました。合格出来て良かったです。


受かっていてよかったです!

浦和西高校合格
R.Hさん(内谷中)

私は絶対に合格していないと思っていたけど、発表を見に行った時に自分の番号があって、すごくうれしかったです。自分は受かってないと思っていたので、なおさらうれしかったです。私は最初、別の高校を目指して頑張っていたけど、冬期講習明けの合否判定で、厳しい判定が出てしまいました。それでも、どうしても諦めきれずに、そこに向けて頑張っていました。でも急に浦和西に魅力を感じ始め、その目標に向けて勉強し始めました。自分でも何で急に浦和西にしたのか分からないけど、今では浦和西にして良かったと思っています。今は思っていることが多すぎて、何から書けばいいか分からないけど、とりあえず受かっていてよかったです!


夏の合宿で、普段の何十倍も集中することができました

浦和西高校合格
T.Oくん(白幡中)

一番大変だったことは、1学期の即アップでした。すぐに眠くなってしまい、とてもつらかったです。でも、ここで1学期からしっかりと勉強できたことが、合格することができた要因の1つだと思います。一番思い出に残っていることは、夏の合宿です。普段の何十倍も集中することができて、自分自身とてもびっくりしました。知らない人とも会話することができて、とても良い経験になりました。夏期講習が終わった後の9月の北辰テストでは、偏差値が上がりましたが、その後なかなか上がらずにとても大変でした。課題は理科と社会だったので、そこを重点的にやることで、本番ではとても良い結果となりました。最後まで諦めないで勉強を続けることができるようになり、勉強を好きになれました。


定期テストも北辰の偏差値も驚くぐらい上がりました

浦和西高校合格
A.Jさん(常盤中)

部活が忙しく、夏期講習になかなか参加できず、夏の合宿にも参加できませんでしたが、即アップやMR、授業が終わった後にやった補習のおかげで、苦手なところをなくしていくことができました。この1年間で、勉強する習慣が身につきました。毎日の宿題は絶対に朝終わらせて、同じ問題集を何回もやりました。定期テストも北辰の偏差値も驚くぐらい上がりました。苦手だった英語も、毎日欠かさず長文を読んだら、少し好きになりました。今回、英語と数学の問題形式がいつもと違ったけど、国語、社会、理科は過去問をしっかりやってきたので、点数を結構とることができたと思います。


あれだけ勉強したのだから何でもできる、と思うことができました

浦和西高校合格
H.Mさん(土合中)

苦手な科目から逃げ出さない、ということが私の浦和西高校合格につながったのだと思います。私は英泉塾に入るまで、苦手な英語から逃げ続けていました。けれど、先生の分かりやすい授業、全国の過去問、1A、2A、3Aのおかげで、英語への苦手意識がなくなり、入試では英語が一番心を落ち着けて挑むことができました。また、夏の合宿、夏期講習に行ったおかげで、あれだけ勉強したのだから何でもできる、と思うことができて、その後の勉強への意識が高まりました。渡辺先生、安田先生、佐藤先生、寺本先生、そして他の英泉塾の先生方のおかげで、苦しい時、つらいときも乗り越えられました。本当に1年間ありがとうございました。今思うと、あんなに嫌いだった社会の暗記プリントや全国の過去問すべてが、楽しかった思い出です。


合格した後のことをイメージして、全力で勉強するべきです

浦和西高校合格
K.Iくん(内谷中)

テストはモチベーションで決まると思います。北辰の偏差値が右肩上がりに良くなっていき、モチベーションが上がっているときは、いろいろなテストでうまくいきました。だから、テストの前にモチベーションを上げるために、こんなテスト自分にできないはずがない!と思うと、結果が出ると思います。また、得意なものと苦手なものの勉強時間を考えて、無駄な勉強は絶対にしないほうがいいと思います。合格するととてもうれしいので、合格した後のことをイメージして、全力で勉強するべきです。志望校は、最初のうちは、下げない方がいいと思います。


塾に休まず参加することで、確実にレベルが上がっていったと思います

川口北高校合格
S.Iくん(土合中)

塾に休まず参加することで、確実にレベルが上がっていったと思います。はじめのうちは実感がわかないこともありましたが、継続することで、テストの点数や北辰の偏差値が伴ってきました。それでも、自分の苦手な単元はどうしても出てきてしまうことがありました。そういったときに自分の力になったのが、即アップコースや単科ゼミです。即アップで1年生の単元から順につぶしていくことで、自分の苦手を見つけることができました。教室には先生方がいてくれたので、分からないときは、質問して分かるまで教えてもらいました。理科の計算が全体的にできない、といった場合には単科ゼミを受講して、自分が一気に復習したいところをピンポイントで学びました。自分はできるだけ塾を休まずに、継続して続けることを意識してきました。その結果、北辰テストは最後まで偏差値が伸び続け、入試予想問題も良い点がとれることが増えました。なにより気持ちの面で、自分自身に自信を持つことができました。


毎日塾に来て勉強し、宿題を必ずやってくることを約束しました

川口北高校合格
R.Kくん(笹目中)

中3の2学期の即アップの途中、吉川先生に呼び出され、今までは「絶対受かるよ」と言われていたのに、その時初めて「受からないぞ」と言われました。その後、全国の過去問のファイルを提出するときに、これからは毎日塾に来て勉強し、宿題を必ずやってくることを約束しました。そこから本格的な受験勉強が始まりました。1度宿題を忘れたことがありましたが、今思えばそれがより一層自分の成長の糧となり、結果合格することができました。自分は数学が苦手で、平均点よりも下回ることもありました。冬休み後は数学を徹底して頑張りました。すると、大嫌いだった数学が今では大好きになりました。先入観にとらわれないことが大切だと思います。


長時間勉強することもつらくなくなりました

川口北高校合格
K.Fくん(内谷中)

3年生になってすぐは、受験についてよく考えていませんでした。1学期はあまり勉強しないであっという間に過ぎて、すぐに夏休みに入ってしまいました。夏期講習は初め自分にとって大変でしたが、続けていくうちに慣れていって、長時間勉強することもつらくなくなりました。2学期になって始めた全国の過去問で、社会はどんな問題がよく出るかを覚えて、出やすい問題はよく解けるようになりました。英語も問題を日本語に素早く直せるようにたくさん問題を解きました。そうして、苦手な社会や英語でも点数をとれるようになりました。苦手な教科をよくやっていたときも、得意な教科をやったことが、点数を下げないで、上げていけたことにつながったと思います。柴原先生や吉川先生には怒られたり、話を聞いてもらったりしたので、とても感謝しています。最後に合格出来て本当に良かったです。




お申し込み方法
成績を上げることに真剣であり、塾での約束事を守れるかたのみご連絡下さい。もし、お子様の成績が今ひとつ伸びないというのであれば、一人で悩まずご相談ください。今の状況を変えるきっかけとなるかもしれません。(各教室に予約要)

お申込み方法

高等部大学受験対策科 048-829-7565

資料請求・お問い合わせ