武蔵浦和・中浦和で塾といえば英泉塾

生徒たちの喜びの声 EISEN超スパイラル学習で見事合格を勝ち取った、生徒たちの喜びの表情と声をご覧ください。

先生たちと話して、少しずつ自分から動けるようになりました

川口青陵高校合格
R.Kくん(美笹中)

僕が英泉塾に入って2年くらい経ちました。この2年間、たくさんの思い出があります。3年生になってから、ほぼ勉強はしていなかったし、それでたくさん怒られたりもしたり、たくさん先生と話をしたことがあります。1回目の三者面談のとき、志望校もまともに決めていなかったし、ただ自分の好きなことをたくさんやって、嫌いなことなどをすぐにサボってしまっていました。2回目や3回目の三者面談では、柴原先生にとても怒られてばっかりでした。僕は、どうにかなるだろうと思って、すべて母に頼っていたところがあります。なので、あまり自分から動くということが少なかったです。でも、先生たちと話して、少しずつ自分から動けるようになりました。本番では、今までやってきたことを生かせました。英泉塾の先生は自分たちにいろいろと教えてくれ、ありがとうございました。2年間本当にありがとうございました。


両親や先生方に感謝したいです

浦和工業高校合格
T.Tくん(美笹中)

第一志望の学校に合格できてとてもうれしい気持ちです。夏期講習、毎日12時間ほど勉強しました。夏期講習後も1日5時間ほど勉強する習慣を定着させることができました。三者面談の時に、ほとんどするべき「毎日の勉強」をしていなくて、先生に怒られたりしました。冬期講習から始まった合否判定のテストで、はじめは点数が低く心配していました。けれど、テストをしっかり復習し、毎回少しずつ覚えることができました。受験校を決定したのは12月ほどで、本当にぎりぎりまで迷っていました。けれど最終的に自分に合う学校を選択できてよかったです。合格発表では、自分の番号を見つけるまでは、とても不安でした。けれど番号を見つけた時、一気に力が抜けました。今まで支えてくれた両親、中学校の先生、そして塾の先生方に感謝したいです。


もらったプリントを必死にやりました

浦和工業高校合格
S.Iくん(内谷中)

受かって本当によかったです。僕は夏に塾に入りました。最初はドキドキしながら授業を受けていました。ですが10月くらいに慣れてきたせいか、友達と話して周りに迷惑をかけ、先生に怒られたことも多々ありました。柴原先生と面談の練習をして、とてもお世話になりました。受験2週間前にもらった社会のプリントを必死にやりました。受験当日になり、そのプリントから問題が出て、見事当たって喜びました。入試予行練習では、ごはんを食べたあとの2教科で眠くなってしまい。ウトウトしてしまいました。当日は眠ることなく無事に受けることができました。この塾に入っていなかったら高校も入れなかったし、面接もできなかったし、本当にお世話になりました。


とにかくとてもうれしいです

浦和工業高校合格
Y.Mくん(美笹中)

今の気持ちはとにかくとてもうれしいです。1年生の3学期から入塾して、3年生の最後まで塾で勉強してきました。でも、特に予習もせず毎日サボっていました。3年生の2学期後半になり、自分は焦りを感じて、勉強を必死にやり始めました。入試予行練習のときにはものすごく緊張して、最初の国語のテストの時に震えてしまい、なかなか良い結果を出すことができず、本番どうなるのか心配でした。入試本番の時、先生たちが言っていたように、国語の待っている時間がとてもきつくて思わず震えてしまいました。次の日の面接では、当日上ばきを忘れてしまい、スリッパで面接を行うことになってしまい、落ちるかもしれないとずっと思っていました。合格発表のとき、心臓がバクバクなってしまい、受かったときはとてもうれしくなりました。今までお世話になりました。これから高校でがんばっていこうと思います。


出会いに感謝です

浦和高校合格
Y.Kくん(田島中)

合格できました。単純にほっとしたし、嬉しかったです。受験期に一番悩んだことは、受験校をなかなか決められないことでした。中3になったときぐらいから、男子校に行きたいと思っていて、学力的なことを考えたら、県立浦和か県立川越かなと考えていました。どちらを受験するか、本当に悩みました。そんなとき、浦和高校の卒業生との出会いがありました。その先輩と、吉川先生と佐藤先生と自分で、遅くまで話して、自分は浦和高校を受験することに決めました。あのときのあの出会いがあって、本当に良かったと思います。だから、自分が高校受験を通して大事だと思ったことは、出会いを無駄にしないで大切に、出会いに感謝することです。


勉強はたくさんしたけど、全然つらくありませんでした

浦和第一女子高校合格
M.Kさん(内谷中)

合格できて本当に良かったです。夏の合宿では、生まれて初めて夜の3時まで勉強しました。不思議と眠くはなく、環境が良かったので、すごく集中できました。夏の合宿を通して、自分は頑張ればできるんだ、という自信が持てました。私はずっと一女と市立浦和で迷っていて、冬期講習では市立浦和を第一志望にしていました。でも、2つの高校に通うイメージをしたときに、一女の方が実感がわいたし、自分の限界に挑戦してみたくなったので、本当に悩んだけど、1月の途中で志望校を一女に変えました。英泉に入って、勉強はたくさんしたけど、全然つらくありませんでした。塾が楽しかったです。本当にありがとうございました。


先生方やお母さん、お父さん、それから友達に感謝です

浦和第一女子高校合格
M.Hさん(内谷中)

とりあえず、今はすっごくうれしいです。改めて、先生方やお母さん、お父さん、それから友達に感謝です。夏期講習では、始めから計画性のなさや劣等感におそわれて、「みんなに対する遅れを取り戻さないと」という気持ちが芽生えていました。早く寝ないと生きていけない私にとって、夜中の12時ごろまで長文を和訳したり、毎日の課題を続けたりすることは辛く思えることもありました。でも、塾での楽しい授業や笑いが絶えない昼休みに救われました。2学期に入って、学校の行事と全国の過去問を両立させるのが難しくなり、また劣等感を感じたりやる気が失せたりを繰り返していました。そういう時には、お母さんが「無理しなくていいよ」と言ってくれたり、吉川先生が相談にのってくれたりして、助けられました。入試前日には、友達とメッセージを書きあったおかげで、前向きな気持ちになれました。一女での高校生活を楽しんで、理想の大人になれるように頑張っていこうと本気で思えるようになって幸せです。ありがとうございました。


私を変えてくれたのは夏の合宿でした

市立浦和高校合格
A.Nさん(土合中)

本当にうれしいです。入塾した頃は勉強する習慣がなく、まさか自分が市立浦和に行けるなんて、思ってもいませんでした。そんな私を変えてくれたのは、夏の合宿です。合宿の前日まで部活があった自分にとって、とてもハードでしたが、楽しいのほうが大きく、全然つらくはなかったです。合宿前は班員と打ち解けられるかものすごく不安だったけれど、一緒にレクをしたり、勉強したりするうちにすぐに仲良くなり、とても楽しかったです。2学期に入って、市立浦和を目指そうと決めました。その頃はまだ偏差値も5くらいたりない状況でしたが、目指そうと決め、毎日自習に来ました。冬期講習中には、勉強するのが嫌になった時もありました。しかしどんなときでも、先生方やクラスのみんなが笑わせてくれて、塾にくるのはものすごく楽しかったです。最後まであきらめすにやってきて良かったです。英泉塾で本当に良かったし、塾の仲間、先生、親、支えてくれた人たちに感謝したいです。


英泉のみんなとたくさん勉強できて、本当に良かったです

市立浦和高校合格
A.Sさん(田島中)

3年生になってから、部活を引退して、学校から帰ると即アップに行ったり、塾の宿題をしたりして、毎日が飛ぶように過ぎていきました。2学期に入ってから、土日の即アップが始まり、今までよりぐっと勉強する時間が増えました。全国の過去問にも取り組み、そこでは合宿で培った、“長時間勉強する力”が役に立ちました。北辰の偏差値も上がって、とても嬉しかったです。でも、冬期講習はとても辛かったです。毎日夜の12時を過ぎても宿題をしていました。その努力があったからか、苦手だった数学の問題の理解を深めることができました。受験当日はほとんど緊張せず、全力を出し切ることができました。何十回と行った塾のテストのおかげだと思います。英泉のみんなとたくさん勉強できて、本当に良かったです。塾に通わせてくれた両親、見守ってくれた先生方に心から感謝しています。


諦めない大切さと自分と向き合うことの大切さを学びました

市立浦和高校合格
S.Iくん(内谷中)

第一志望校に合格できて、とても嬉しいです。自分は周りの人よりも内申が低くて、実力も最初は全然備わっていませんでした。しかし、苦手な部分にしぼって諦めずに毎日勉強したり、毎日国語の問題を解いたりして、少しずつ実力をつけることができました。当日は、模試を受けている感覚でテストを受けることができて、自分の実力をすべて出しきることができました。自分は、宿題をやることはとても大切だと思います。だけどそれ以上に、自分の課題を見つけて、それをつぶしていくことも大切だと思います。また、絶対に諦めない強い気持ちも大切だと思います。自分はこの1年間で、諦めないことの大切さと、自分と向き合うことの大切さを学ぶことができました。高校でもそれらを忘れないようにしたいです。本当にありがとうございました。




お申し込み方法
成績を上げることに真剣であり、塾での約束事を守れるかたのみご連絡下さい。もし、お子様の成績が今ひとつ伸びないというのであれば、一人で悩まずご相談ください。今の状況を変えるきっかけとなるかもしれません。(各教室に予約要)

お申込み方法

高等部大学受験対策科 048-829-7565

資料請求・お問い合わせ